ワールド・ネバーランド~ククリア王国物語~のプレイ日記がメインです。 たまに小説とか落書きとかも。ネタバレ塔一切考慮なし(・ω<)
http://qukriaruka.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

るか

Author:るか
ワールド・ネバーランドククリア王国のプレイ日記です。
プレイ内容を元にちょっと盛ったりしてます。
不定期にイラストとか小説とかもかいたりします。

#qukriaのつぶやき

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
QUKRIA_SS_0031_20130127184839.jpeg
なんの訓練を仕様というのか…
(子供にこんなこと言われたの初めてなんだけど…) 
2日
QUKRIA_SS_0033a_20130127185106.jpg
大叔母の危篤…
この年まで生きる人が少ない今だときっと大往生。大おじさんも健在だし。

QUKRIA_SS_0034a_20130127185240.jpg
「あら意外…」
「見習いくらい卒業しないとかっこつかないもんね。うちにある種の有効活用だよ」
「……ソレをかって植えるからこそ仕事なんでしょ…」

QUKRIA_SS_0040.jpeg
アゼルさんは父さんの従兄弟。こっちのアゼルさんはなんか貫禄が半端ない。

QUKRIA_SS_0019a.jpg
この日はベニート君とルビアさんのところに2人目が生まれた。
208年生まれまではVer2.0なので名前はお察し… 存命中の中ではかぶりなしなのでまあOK。
はてさて、お兄ちゃんは4C君だけどこの子は4Cかな?2Cかな?


3日
QUKRIA_SS_0045a.jpg
ブラットさんのお見舞いに。
去年の25日に奥さんを亡くしたばかり。
後を追うように導かれていった…
(そして5C男子が絶滅した)

QUKRIA_SS_0046_20130127190426.jpeg
短い期間で一気に親を亡くすことはあるといえばある。
ブラットさんは私から見ても遠くはあるけど親戚なので彼の姪に当たるスーザンと隣で葬儀を見守っていた。

4日
QUKRIA_SS_0048a.jpg
「あんた夜通し遊んでたわけ? 帰ってこないと思ったら」
「おふくろこそ… うちからここまでこんな時間に走ってもこれないだろ?」
「… ああまあ、うん。あたしはいいのよ。女王様に逆らうなんて国民としてそんなことできないし」
「呼びすててタメ口で喋ってコレ以上にない不敬働いてる気がするけど…」

QUKRIA_SS_0050_20130127201243.jpeg
ルシールさんが超ダッシュしてた。

QUKRIA_SS_0053_20130127201450.jpeg
家に帰って改めてお祝い。
プレゼント上げた記憶がまあないんだけどね…?

QUKRIA_SS_0029a_20130127201644.jpg
ちなみに産気づいて慌てて家に帰っていったルシールさんが産んだのはケンジーくん。
肌の色から髪の色、顔の向きもお父さんそっくりだね。お父さん? 金髪4Cですが何か?
ケンジーという名前は存命中の人にはいないけど、かつて工芸家だった人の名前。3代目の親友。


5日
QUKRIA_SS_0059_20130127202139.jpeg
余裕ぶっこいてるけどラモーナちゃんの本命ベニート君の息子に変わってたよ…?

6日
QUKRIA_SS_0060a_20130127202537.jpg
「ミルクおいしいもんね。おれ毎日飲んでるし!」
「俺はちょっと苦手なんだよなあ… チーズは好きなんだけど」
「(イヴェにいにはミルク飲んでないのにおっきくなったけど、エレフにいにはいつも飲んでるのに下級生よりちいさいんだよね… 世の中うまくいかないね)私はミルク好き―」
「エトワールなんで悲しそうな目でこっちみたの今」

QUKRIA_SS_0066_20130130083247.jpeg
授業参観していたらイヴェールがやってきたwww
母に話しかけに来たのか、下級生に会いに来たのか…
その後下級生数人と話したあとどこかいった。
(性格のわりに誰かを探し歩いたりマメに会話してるのは気のせいか)

QUKRIA_SS_0067_20130130083444.jpeg
え? えええ!?
いやまあ近所だからよく会ったりするもんね。
いやちょっとソレは母さん複雑だわ…
(レアさんより4歳上なんだよ乙女様…)

QUKRIA_SS_0068_20130130083742.jpeg
同級生のラモーナちゃんもといあたしの従姉妹(アベル叔父さんの次女)とデートだったらしい。

享楽的×いむというなんともダブルマイナスだらけの2人だけど、過去にいたこのカップルはとても仲がよさそうだった。NPCで今際の時に「愛してる」って言ったの初めて見たようなきがするんだ。アホのアルヴィンの株が上がった。

QUKRIA_SS_0069a.jpg
「レアさんはこんなところで何をしていたの?」
「採石場で貴金属の塊探してたの」
「ああ、だからそんなに荷物がたくさんあるのか… 持つよ」
「ほんと? ありがとー」
「あ、そういえばこの前レアさんが植えたティリグの木、あの子たちが全力で伐採していったよ?」
「なんと…」
「抜いてる途中なら止めたんだけど既に全部取っちゃってたからね…」
(家族から材料を守るのが工芸家の仕事です☆)

スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2018 ひびねば~ククリア覚書~, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。