FC2ブログ
ワールド・ネバーランド~ククリア王国物語~のプレイ日記がメインです。 たまに小説とか落書きとかも。ネタバレ塔一切考慮なし(・ω<)
http://qukriaruka.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

るか

Author:るか
ワールド・ネバーランドククリア王国のプレイ日記です。
プレイ内容を元にちょっと盛ったりしてます。
不定期にイラストとか小説とかもかいたりします。

#qukriaのつぶやき

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2013.02.03/ 12:00(Sun)
QUKRIA_SS_0126_20130203165421.jpeg
イヴェールを観察していたらこんなトコロに…
夏とはいえまさかこんなトコロで泳ぐつもりじゃないだろうな…

QUKRIA_SS_0127_20130203165422.jpeg
「…明日昼。遊びに行くわよ…」
「んー? いいよー?」
(どんな積極さのない性格でも家族や恋人、友人には会いに行くようになっているので何とかなっていそうなカップル)
 
QUKRIA_SS_0128a.jpg
ラモーナちゃんとユペール君がキャッキャウフフ(こちらも本命同士釣り合っていない)してた。

そしてユペールに会いに来たユリアちゃん。
QUKRIA_SS_0129a_20130203165855.jpg
(口が大きいほうが美人度アップするねハァハァ)
このこどこがぶっきらぼうなんだろう…? 好きな人の親の前だからちゃんとしているだけ?

夜・選抜戦
QUKRIA_SS_0132_20130203170455.jpeg
親友だと思っていた相手に友達と呼ばれたエドワードくんの重い一発が入ってエドワードくんの勝利!

17日
シャルが二人目を産んだのでお見舞いに。
QUKRIA_SS_0133_20130203170625.jpeg
(いつみても親のいいところどりのステに感動する)
「女の子だったからダンナがすごくはしゃいじゃってるんだよね。嫁にはやらないだって。生き遅れられたら困るんだけどね―」
「クレミーくんなんてイヴェールが何人かの女の子と遊び歩いていてもちっとも気にしないのにさ、プリムが同じ事やってたら気が気じゃなかった見たいでねー」
「女の子に夢見すぎなんだよ」
さすが横恋慕しながら本命も死守、そしてお互い恋愛している要素皆無だった人と結婚したシャルさんやでぇ…

QUKRIA_SS_0134a_20130203171312.jpg
性格はやや不安…
(ちなみにパウリーナという名前はレアさん達から見た母方の曾祖母の名前だ)

昼 本業のストーキングに精を出す。おさんぽ。
QUKRIA_SS_0135_20130203171553.jpeg

ユリアが超突っ走っていたように見えたのでイヴェールに先導させたら墓地に来た。
え? うまくいってたのかこいつら。


QUKRIA_SS_0136a_20130203171858.jpg
このデートでイヴェールの本命がユリアになって両想いに。お互いを逃したら多分下級生に友達少なさそうだし、なにより… 行動的で1年しか同じ学び舎に通っていない人とまで友達関係を維持しているエレフと女の取り合いとかもうカオスすぎるwww
この時点で イヴェール(享楽的)⇔ユリア(ぶっきら)
ユペール(シズニ・むじゃき)⇔ラモーナ(いむっぽい)
マリオ(アスター・飾らない性格)⇔エレアノール(マイペース)と新成人が綺麗にまとまった。
なんというか…微妙にダメな性格のバーゲンセール。

18日
QUKRIA_SS_0140a_20130203172805.jpg
今度はお互いちゃんと親友同士だったみたい。
エドワードくんの嫁リアちゃんを取り合った仲である。
彼らの若かりし頃の関係はこちらを参照ください。

結果はエドワードくんの勝利。

19日
QUKRIA_SS_0143_20130204082716.jpeg
いいところまで攻めたけどやはり年齢差からくる経験が違うのか…ジェナさんが優勝した。
(享楽的な奴って武芸にも意外と励んでるよな。マイペースとかお気楽とかマジステカンストしてないけど)

20日 星祭
QUKRIA_SS_0144a_20130204083203.jpg
「自由参加なんだから嫌なら行かなきゃいいんじゃないの?」
「うーん。折角のお祭りなんだしさ、色々イベントに参加するの楽しいし」
「わたしもお友達とかいぐいするよ!」
「親の前で堂々と宣言するもんじゃないよ、エトワールちゃん。無駄遣いしないようにねー」
「パパよりおかねもってるからだいじょうぶー」

「イヴェール、どうしたの真面目な顔して…」
「いや…」
QUKRIA_SS_0146_20130204083527.jpeg
「工芸家一族、遡っては王家にまで泥を塗ることができるならやってみればいいわ」
「冗談だよ…」

QUKRIA_SS_0149_20130204083743.jpeg
今年も神職についたりで候補者がいないのか義弟くんが選ばれていた。
勇者役は去年に引き続きイスマエル君。なんだ義弟くんは既婚女性にもてまくったりしているのか…?
リース大丈夫なのか…?

たまには放流イベントに参加してみる… おおう… ディアナさんまた乙女を投げられている…
そうか、レミィさんがロラン君と結婚(前記事参照)するために投げ返したのか。
QUKRIA_SS_0151_20130204084122.jpeg

なんとも言えない気分になったけど高台に向かう。
QUKRIA_SS_0153_20130204084123.jpeg
エレフ本当にイベント満喫してるなあ。ともしび持って行かせてよかった。
他の家族なんて見向きもしなかったからね。エトワールくらい来てくれそうな気がしたんだけど…

QUKRIA_SS_0154_20130204084543.jpeg
クレミーくんと一緒に南の塔でソルのともしびをとばす。
「灯火はどこまで届くんだろうね」
「さすがに空高くには届かないと思うけどね」
「コレ飛ばしたら翌日からはまた日が昇って沈むようになるっていうの、結構ロマンチックで好きだわ」
(この国…と言わずオルルドプルトナルルと地球の軸がどうなっているのか謎というかwww オルルド王国なのに王様がいないことに気づくくらい気づいてはイケないことなのかもしれない)
スポンサーサイト
編集[管理者用] Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 
Copyright © 2018 ひびねば~ククリア覚書~, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。