ワールド・ネバーランド~ククリア王国物語~のプレイ日記がメインです。 たまに小説とか落書きとかも。ネタバレ塔一切考慮なし(・ω<)
http://qukriaruka.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

るか

Author:るか
ワールド・ネバーランドククリア王国のプレイ日記です。
プレイ内容を元にちょっと盛ったりしてます。
不定期にイラストとか小説とかもかいたりします。

#qukriaのつぶやき

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
QUKRIA_SS_0285_20130805233839bc0.jpeg
従姉妹のパウリーナさんが婚約した。
(元神官でカネに余裕のがあるのか指輪まで用意していたケンジーマジイケメン)


この二人がまとまると、ケンジーに片思いしているマリーナが実質フリーになる。
そしてマリーナを還俗相手として狙っているカルナの乙女…

シズニ神官となった彼との段階の釣り合わないデートでも彼女にはロックがかかるらしく、他の男からの誘いは断るしパウリーナと添い遂げようとキメたイケメン4Cケンジーは彼女からの誘いは断るしまさに膠着状態。
(多分)ロックかかってるゆえか乙女の交代セリフも出てこない模様で結構長いことカルナの乙女が彼女をピンポイントで狙っていたのだが…
この二人が婚約したことで乙女さえ本気出せば還ってくると約束してほぼ2年かあ…乙女も壮年になったしね。
壮年乙女はみていて辛いというか… これまた年齢を感じない美人顔(5B)なのが幸い的な。

 
6日
QUKRIA_SS_0286_20130807083355f94.jpeg

QUKRIA_SS_0287a.jpg
お父さんの親友の娘さん… マリーナさんに乙女様が仕事を引き継いだ。
やっと一般人に戻ったんだなあ…

7日
QUKRIA_SS_0292_20130807083906c7b.jpeg
「何かいい事でもあった?」
「ん? カルナの乙女様… 従兄弟の恋人が還ってきたんだ」
「そうか。タイミングを逃すと一生…って聞くからな」
「誰も大きな声では言わないけど大丈夫なのかとか、あまり私としては口に出したくないようなことも囁かれていたし」
「まあ、一人っ子だし世継とか不安に思われるよな」
「直系と先祖が国王じゃ全然違うものね」

QUKRIA_SS_0293_201308070858046e6.jpeg
順調のようでなにより。
あ、私は疲れをとっているだけですからお構いなく!!

そうそう。勇者決定戦のトーナメント表が出てたんだよね。ってかギブル販売してるんだ。かっとかないと。
yuusha.jpg
いやあ… 私とエレアノールさんくらいしか若い子っていないんだよね。
昔は戦士の殆どが女の人だった時代もあったらしい。

ベニート・ジェムは兄弟でエリーナは二人の従姉妹に当たる。ジアーイ家は戦士の名門でステでももちろん、選抜戦でも候補になるくらい戦士が多い。
ヒエロニムスも父親がジアーイ家の人間で祖父に当たる人が魔導師をしていた。やはり戦士の血を引くものは戦士になるんだ。
ちなみに217年現在、ベニートの息子が闘士選抜戦で優勝していて、ジェムの息子は彼が亡くなった後に魔導師に任命されている。

セイラは王太女様。全ステ190行かなかった母の血は全く継がなかったらしくすべて父譲り。
この時点で王太孫であるクリストも全ステ奥義覚えられるレベルだということが確定。
全員NPCだったら誰が勝つのかまったく見当がつかん。


8日
QUKRIA_SS_0313_20130808022211cf9.jpeg
今年の配役はこんな感じ。

QUKRIA_SS_0322_20130808022212950.jpeg
たった1回の失恋と失恋した人の中で一番年上というだけでずっとこの役を担ってるアントンさん。奥さんなくして久しいのになんて罰ゲームなんだろうって…
(3.00以降ちょくちょく失恋王の名前は変わってたけど安定の失恋王なんだろう… フラれた一回はスーザンかもしれない)

QUKRIA_SS_0324.jpeg
でも大食い大会ではしゃいでいたので満喫はしているんだろうなあ…と思う。
(おせっかいという性格的には楽しんでいるのかもしれない)

明日からは勇者決定戦。
やるからには優勝して龍にも勝ちたい。
私も腕っ節だけなら先輩方に引けをとらないと思うけど、実戦経験はあんまりないからそのへんの駆け引きとかで負けちゃうかもなあ… うーん。とりあえず開幕で一発ぶち込めばひるんでくれるかな?
一番プレッシャーなのは叔母様やひいお祖父様・お祖母様そのまたご先祖様に勇者や龍騎士が多いから勇者くらい当たり前みたいなノリを感じることかな…
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2018 ひびねば~ククリア覚書~, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。