FC2ブログ
ワールド・ネバーランド~ククリア王国物語~のプレイ日記がメインです。 たまに小説とか落書きとかも。ネタバレ塔一切考慮なし(・ω<)
http://qukriaruka.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

るか

Author:るか
ワールド・ネバーランドククリア王国のプレイ日記です。
プレイ内容を元にちょっと盛ったりしてます。
不定期にイラストとか小説とかもかいたりします。

#qukriaのつぶやき

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
せっかくのデート日和なのに…

QUKRIA_SS_0465_20130904214523146.jpeg


QUKRIA_SS_0467_201309042145256e5.jpeg
エレフ兄さまゆるすまじ…
「おばちゃんなにしてるの?」
振り返るとジェイミーちゃんがいた。
「え? ソルのともしびをあげるまで暇だからお散歩よ~」
まさかあなたのパパにクリスピンさんとられたなんて言えない… 
QUKRIA_SS_0466.jpeg
「ていうか、なにしてるの?」
「あ、姉様ひさしぶりー。ちょっと聞いてよエレフ兄さまがさあ…」
「待って。めんどくさい。どうせイヴェールと同じこと言うんでしょ」
「は? イヴェール兄さま?」
「嫁が妙にエレフと仲がいいとか年子とか計画して産めよとかこの前愚痴られたから」
「ああ、うん… エレフ兄さま友達多いから… それよりイヴェール兄さまがそんなこと愚痴ったりするキャラだったのかと驚きだよ」
「あの子も謎の交友関係あるからねえ…」

QUKRIA_SS_0473.jpeg
少しエレフ兄さまを睨みつけながらソルのともしびを飛ばした。

QUKRIA_SS_0474.jpeg
(兄妹の配偶者と何の躊躇もなくお出かけするけど妻への気遣いも忘れてないエレフ。ただし両者優しさは低い(嫁はのんき)ので割と聞いちゃってごめんてきな会話をしていることもしばしば…)

21日
QUKRIA_SS_0477a.jpg
「毎年来られるのはちょっとなあ…」
「ママばぐえるに勝つの?」
「うーんどうかしら… やるからには勝ちたいんだけど本当に強いからね」
「前回は惜しくも負けてしまったが… 子供の頃見たお前の叔母さんは見事だったな」
「おばさまの前は決勝戦がアスター神官様が亡くなって無しになったらしいのよね」
「その前がお前のひいじいさんで…」
「父方のね。で、母方のひいおじいさま、あなたのひいおじい様と遡って… 私達のご先祖様ね」
「ママ、たぶんかてるよ…」
「ああ… どうにかなりそうだよな」


QUKRIA_SS_0482_201309060841294a3.jpeg

QUKRIA_SS_0489a.jpg
おばさ…陛下からの激励。

QUKRIA_SS_0495_2013090901082339e.jpeg
勝てば国も盛り上がるし損はない。

QUKRIA_SS_0504_2013090901110402a.jpeg
うん、私バグウェルの視界に一瞬入ってなかった…
バグウェル、対戦相手がどこにいるのかちょっとチラ見してさがしてたね…いいけど

QUKRIA_SS_0505.jpeg
立派な試合…
立派かはわからないけど勝つ方法は考えている。
「当たらなければどうということはない!」


QUKRIA_SS_0506.jpeg
バグウェルの攻撃は全部躱した… けどこちらも決定打的なものは与えられなかった。
ちょっと消化不良だけど勝ったことには勝った。けど歴代の龍騎士の中だとイマイチな内容だっただろうなあ…と反省してる。次があったらもっとフルボッコにしたい。

QUKRIA_SS_0510a_20130909012109b4d.jpg

そして主役のはずの私には配られないシチューで皆が盛り上がる。
QUKRIA_SS_0523.jpeg

22日
QUKRIA_SS_0534.jpeg
酔った勢いでエレフ兄さまの家に突撃するクリスピンさんを見守る。
(エレフはもちろん闘士の家育ちのフィービーとも仲がいいみたいなんだよね。だから何方かに話しかけにいくと両方話しかけてる。ちなみにこの日はみんな大好きエウヘニョ君と飲んでいた)

23日
QUKRIA_SS_0540.jpeg
ルシールさんのお見舞いに。
乙女様をやっている娘さんのこと気がかりだろうなあ…

QUKRIA_SS_0541.jpeg
ぼさっとしてたら間に合わななかった!!
でも無事撃破したよ!(アマゾネス軍団ぱねえ。こええ…)


QUKRIA_SS_0542.jpeg
昨日デートに誘えないと思ったらマティさんと約束してたのね…へえ…
(わがままなくせに友達多いってまあ…)

QUKRIA_SS_0543.jpeg
「でもいいの? 明日って」
「いいの。いいから付き合いなさい」
「うわーこええ…」

QUKRIA_SS_0544.jpeg
そしてその足でクリスピンさんを捕まえる。
「素敵な人とデートして鼻の下伸ばしてんじゃないわよ(折角だから技色々手ほどきしてあげるよ!)」
「!? いや、ガキの頃からの友達だってば!」

QUKRIA_SS_0546.jpeg
ま さ か の 敗 北 で あ る
「えっと… 大丈夫か?」
身体は大丈夫だけど心はちょっと折れたかもしれない。

QUKRIA_SS_0549.jpeg
夕方になってルシールさんの葬儀。本来ならば長女のエレアノーラさんが喪主をするはずなんだけど、乙女というい任務に就いている彼女が喪主をすることは叶わない。

QUKRIA_SS_0550.jpeg
ルシールさんの弟のシャルルさんが喪主をつとめた。



葬儀始まる前に普通にイスカの乙女がクリストを誘っている。
この2人、おそらくこの年の頭にクリストが婚約したことで関係が精算されたはず。
つまり、短期間でNPCのくせに知人→友人→恋人フラグ建てられるくらいの会話がされていたということだ。
クリストはむじゃきと積極性が若干あるタイプだが、エレアノーラは恋人ができても自分からは行動しないタイプ。ガチ引っ込み思案。この性格のせいでネタバレするとプロ乙女として未婚のまま生涯を閉じることになる。

そして、3.00の時点で改善されていない神職の未婚異性に対する扱いも変わっていないため、婚約中の異性と恋人になれるという会話連打破局の次にひどいバグで再びこの二人が「仲良し」になった。
が、また翌日には何方かが会話した時点で「あれ、もしかして…」となるわけだ。ひどすぎる。
システムが悪いとはいえ、この従兄弟も粛清しなければいけないと思う。
しかしまあ、婚約済みの身分で乙女をたぶらかしにいったクレミーくんよりは罪はかる…くねえよクソハゲ。
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2018 ひびねば~ククリア覚書~, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。