FC2ブログ
ワールド・ネバーランド~ククリア王国物語~のプレイ日記がメインです。 たまに小説とか落書きとかも。ネタバレ塔一切考慮なし(・ω<)
http://qukriaruka.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

るか

Author:るか
ワールド・ネバーランドククリア王国のプレイ日記です。
プレイ内容を元にちょっと盛ったりしてます。
不定期にイラストとか小説とかもかいたりします。

#qukriaのつぶやき

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
4日
QUKRIA_SS_0080_201310030850211d7.jpeg
「どうした…?」
「………兄様も老けたなあって」
「そりゃあいつが成人するような年なんだしな」
一瞬だれだこいつと思ったのは内緒。
(二人目をなかなか授からないので長兄夫婦はもしかしたら姉夫婦より先に導かれるのでは…と思っていたのが後々予想通りに…) 
QUKRIA_SS_0079_20131003091605d74.jpeg
「戴冠式ってすごく不思議な空間らしいよ。クレアちゃんも見に行ってみればいいと思うわ」
私は戴冠式を見るのは初めて、
一生に一度くらいしか見る機会のないものだしね。

昼 王家結婚式
QUKRIA_SS_0037a_20131003092026888.jpg
王家の結構式は荘厳な空気が漂う。

QUKRIA_SS_0048a_201310110859232d7.jpg
こういう場にいてるとやっぱりクリストさんって王家の人なんだなあ… って思うんだよね。
悪いけどそういう雰囲気ないというか。
おばさまは子供の頃からんこう、高貴な雰囲気をまとっていた気がするんだけど。
そういえば、お母様もスーザン陛下を国王陛下と思わないような扱いをしていた気がする…
うちって王家にすごく失礼なことしかしていない気がする。いくら血を引いているとはいえ…ね?

QUKRIA_SS_0049_20131011085924680.jpeg
クリストさんが壇上の人たちに一礼をして式が終了する。
で… 驚いたのがレイリアさんがたしか15歳だったっけ… 本当に?
いや、でも私が学校に通い出した頃には乙女様だったし間違っていないんだろうけど…
老化ってなんなんだろうね。
(そしてここまでお試し引き継ぎの時に撮った記録しかなかったでござる)


夕方 戴冠式
これは…一生に一度見られるかってくらいのイベント。
神官様もさすがに緊張されている…

QUKRIA_SS_0085_20131011091555d42.jpeg

QUKRIA_SS_0086a_20131011092446234.jpg

QUKRIA_SS_0089_201310110924484bc.jpeg

QUKRIA_SS_0090a_2013101109244340f.jpg

QUKRIA_SS_0089_201310110924484bc.jpeg

QUKRIA_SS_0092a_20131011093241605.jpg

QUKRIA_SS_0089_201310110924484bc.jpeg

QUKRIA_SS_0095a_20131011092445c06.jpg


QUKRIA_SS_0098a_20131011092506a10.jpg

QUKRIA_SS_0100_201310110925085c0.jpeg

QUKRIA_SS_0101_20131011092509f07.jpeg

そういえば料理大会はどうなったんだろう?
毎日お酒並べてくれたらいいんだけどなー…

5日
QUKRIA_SS_0104_201310141047132bf.jpeg
たまにはこちらから迫ってみる。

QUKRIA_SS_0105a.jpg
今日はカミュくんの誕生日。
(学習しない中の人が倉庫にミルクを入れたためにこのありさま)
「ミルク…?」
「にいにがおっきくなりますようにって」
「お前、クレアとあまり大きさ変わらないからな…なんとなく不安で」
「……」
「大丈夫だよ! 男の子だから大きくなるわよ!」
「エレフ伯父ちゃまはそうでもないy」
「クレア! それ以上は言うな!」
(どうでもいいけど、クレアとクリスピンが並ぶと本当に瓜二つというかかわいい。全部クリスピン似なんだ)

QUKRIA_SS_0111a_2013101410564716b.jpg
「さあ、いこっか。学校までの道はもう覚えた?」
「へーきへーき! でも学校遠いよ…」
「ママもカミュくんと同じくらい歩いたわよ。育ったお家はそこの工芸家の家だから」
「でもしーぽんに会いにいくのは一番近いんだ!」
「しーぽんとお友達になったの?」
「どうだろー。おばあちゃん? ってきいたらそのネタ何千回と言われているわ! ってきれちゃった」

QUKRIA_SS_0112a_20131014110506a88.jpg

「ライバル?」
「いっぱい虫とったりミズの実とったり誰が一番うまくなげてあてられるとかー」
「オトナの人に投げたりしちゃだめよ? 特に若い女の人」
「投げたらどうなるの?」
「返り討ちにあうよ?」
「……」


王家結婚式、戴冠式と忙しかった年の始め。まだフェルタ祭すら準備段階というのにね。

さて、特にSSにとっていなかった4日夜~5日朝のハイライト。
中の人はもう一度国王プレイをしたい。
すでに3代目で国王になったがまさかあんな早くにポックリいくと思わなかったのもある。ルシオに引き継げばよかったかと真剣に悩み明日には忘れるくらいに。
もともとクリストを2年待って結婚しようと思った矢先に父クレミーのフラグ会話。エトワールが成人翌年に結婚しなければ祝いの言葉をかけてもらえない。
何かとクズな行動が多かったクレミーくんだけどそれは非常に悲しい… しかし同級生にときめく奴がいない。
強いて言えば従兄弟のルペルトか… と色々見ていたら上級生がアスター神官で一人残ってるじゃないか!
しかも親友の息子でお試し引き継ぎした時に遠足の後どつきまわしてくれたクリスピン3号!!

ということで、クリスピンと結婚し今に至るわけですが、成人したクリストが見初めた相手が壮年間近のカルナの乙女。
相性はいいらしく、早々に還俗を決意するものの交代まで実に2年かかるという…
無事結婚したものの、これで世継が生まれなかったらカサノバ家終了のお知らせである。
クリスト9歳、レイリア16歳。最近移住者30近くまで生きることが少ないしクリストが意外に寿命短かったらこいつはやばい!!!
クリスピンとの生活が、まったく予想してなかった6A顔で生まれた長男がパーになる可能性すら出てくるのである。

中の人はその日の夜、道端でクリストにたなごころを拾わせ、既に帰宅している嫁と子作り会話するまで何度もリセットを繰り返した。
そして、子作り会話でたら教会にダッシュ。羽をチェックしてついていなかったらリセット…
これを何度か繰り返し、羽を確認したので5日の朝っぱらからクリスピンを襲った次第である。
3人め引き継ぎは確定したものの、3人目が成人するころエトワールは17歳。クリスピンは18歳。
入学時と成人時どちらで引き継ぐかをまた悩むハメになるのである。
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2018 ひびねば~ククリア覚書~, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。